体臭が酸っぱい臭いがするのは、気になりますね。そんな臭いのするものを食べていないし、何か原因があるのでしょうか。

酸っぱい臭いがする原因

血行不良

ワキガと血行不良

汗はほとんど臭う事はありませんが、酸っぱい臭いがするのは血行不足によって、汗にアンモニアが含まれていることが多くなり、臭わなかった汗が臭うようになるのです。

血行不足は、間違った過度のダイエットやストレス、運動不足によって起こります。疲労物質の乳酸が酸素不足になって出るようになり、その時アンモニアも同時につくられるので、汗が出た時、酸っぱい臭いになってしまいます。

過激な運動も身体が対応しきれなくなって乳酸が産生され、同じように酸っぱい臭いの汗になります。

乳酸が出るのを抑えるには、まず血行を良くすることです。

肝機能低下

疲労、ストレスは肝機能の低下を招きます。その他には、お酒の飲み過ぎると肝機能が低下して、アンモニアが分解できなくなくなり、血液を通して汗や皮脂と混ざって、酸っぱい臭いがしてきます。

アンモニアは食事でタンパク質を取ると、分解され肝臓で尿素となります。分解された時にでる毒素は普通では、肝臓によって処理されて尿となりますが、肝臓機能が低下していると、分解がスムーズにいかなくなりアンモニアも混ざって酸っぱい臭いが出てくるのです。また、便秘しやすい、睡眠不足、喫煙なども原因の一つになっています。

糖尿病、過度なダイエット

ワキガと過度なダイエット

今は若い人でも糖尿病になる人が増えています。血液の中に糖が多くなってインシュリンが糖を処理しきれなくなり、血液中のブドウ糖が増えてしまいます。

インシュリンが糖を分解できない為、脂肪がエネルギーとなって使われるときに、発生するケトン体が酸っぱい臭いを発生します。また、腎機能の低下が起こると、アンモニア臭になってしまいます。

すっぱい臭いのする原因は、生活習慣を見直し健康的な生活をすれば、予防することができます。間違ったダイエットで栄養が偏ると基礎代謝が下がるので、血行不良とならないよう食事には十分気を付けましょう。

身体に酸素を入れるウオーキングは、誰でも取り組めますね。過度の運動はかえって逆効果になるので、息をいっぱい吸いながらちょっと速足はもってこいです。筋肉もほどほどに付けば、痩せ体質になって、身体も引き締まり酸っぱい臭いの防止にもなります。腸内環境の防止対策にもなるので、野菜中心のバランスよい食事に変えて便秘も解消すれば、臭いは改善されていきます。