体臭には、腸内環境が影響

便秘ぎみの人は、体臭がきつくなるようです。口臭も同じようにきつくなると言われ、自分では以外に気づかないで、人から言われて、初めて悩んでしまう事があります。

便秘は腸内環境を悪くする

便秘になると、腸内で食べ物のカスが腐敗して、有毒物質も作り出されます。毎日排便があれば、食べ物のカスは老廃物となって排出され、毒素もたまりません。
便秘になると、アンモニアや硫化水素が腸内で作られ、腸壁に吸収されます。吸収された有害物質は血液の中に溶け込んで、全身にまわってしまいます。その毒素が体臭の臭いになってしまうのです。
腸内は乳酸菌、悪玉菌、中間菌がバランスを保って、健康な腸内を作っていますが、そのバランスがくずれてしまう便秘は、乳酸菌に代表される善玉菌を弱らせ、悪玉菌を増やしてしまいます。
悪玉菌が増えると、腸内をアルカリ性にしてしまい、発がん物資や毒素が増えてくるのです。
それらの腐敗物質が体臭となって、汗や口臭として出ていきます。

腸内環境を良くする方法

腸内環境を整えてワキガ対策

まず悪玉菌を増やさないことです。
悪玉菌が増えると、便秘になりやすくなり肌も荒れて、疲れがなかなか取れない事になります。
では、どうすれば便秘をなくせるのでしょう。

それにはまず善玉菌を増やすことです。善玉菌が増えると便秘解消、免疫力アップの他に、肥満予防や美肌効果もあるので、乳酸菌とビフィス菌が含まれている食品を多く摂ることです。

朝食にパンという人はヨーグルト、チーズ、ピクルス、ご飯の人はお味噌汁、ぬか漬けと毎日無理なく摂ることができますね。ただ、みそ汁や漬物は、沢山摂ると塩分過剰になるので、気をつけましょう。

オリゴ糖を摂る

オリゴ糖は、善玉菌を活発にしてくれます。牛乳、バナナ、納豆、玉ねぎ、ゴボウなど、普段摂りやすい食品ですね。

悪玉菌を増やさない為には、甘いものやお肉も控え、野菜を多くした献立にすると、便秘の解消になります。体臭の原因になるアンモニアや硫化水素はガンの原因になるとも言われ、悪玉菌が増えると体臭がきつくなるばかりか、がんのリスクも上がります。

腸内環境を良くすると、体臭が発生しにくくなり、健康増進にもなります。その他美肌をつくり、便秘解消、肥満防止、免疫力強化にもつながります。悪玉菌が増えると、体臭の原因になる便秘ばかりか、アレルギー症状を起こすこともあります。

毎日排便は、ほどよい柔らかなバナナのような便で、臭いもあまりないのは、腸内環境が良い証拠です。コロコロと硬く、臭いがきつく黒っぽい便は、要注意です。
体臭がきつくならないよう、腸内環境を常に意識してください。